アパレル転職の疑問

アパレル業界の将来性

アパレル業界の将来性

アパレルに転職をしても将来性がなければせっかくの転職も意味がなくなってしまいますよね。
しかし、結論から言えばアパレル業界の将来性がないことはありません
もちろん、長く続けているうちにアパレル業界自体が縮小したり、逆に広がることもありますが、これはアパレル業界だけに限ったことではありませんよね。

特にアパレルは衣食住に含まれるものなので需要が0になることはないので、そういった意味では他業界よりも安定しているともいえます。
ちなみに2015年までの2年間はアパレル業界は縮小気味でしたが、2016年からは景気の回復に合わせてファッションにお金をかける人が増え、業界も活性化していくと予想されています。

店長になった後は?

アパレル業界に詳しくないと「店長になった後は他業種の事務へ転職するの?」と疑問に思われるかもしれませんが、必ずしも転職するわけではありません。
“アパレル業界”と聞くと販売員をイメージしがちですが、本社勤務の企画・管理・バイヤー・営業、専門職のデザイナーやパタンナーなど様々な職種もアパレル業界の仕事に含まれます。

そして販売員から店長になった方は企画・管理・バイヤー・営業など本社勤務になるのが一般的な流れです。
または、販売員なら30代・40代など自分の年齢層をターゲットにしたブランドへの転職も多いです。

百貨店に入っているブランドをイメージすると分かりやすいですが、階層が上に行くほどラグジュアリーブランドの傾向が強くなりますよね?
そういったお店で販売員として働くことになります。
また、こういったブランドや実績・信頼性の高いブランドほどキャリアを積んだ経験者しか採用していないため、全くの未経験者ではなく店長などを経験した方が採用されます。

メンズも将来性は十分あり

アパレル業界には男性もいますが、他の業界と比べてみると年収が少なかったりして将来性が不安になることも多いかと思います。
しかし、男性も販売員から店長になって企画・管理などの本社勤務へ異動することもありますし、年齢に合ったブランドへ異動・転職される方も多いので、必ずしも将来性がないとは言えません。

管理人の知り合いにアルバイトから正社員になり、店長を経て本社の企画の仕事をしている方もいます。
ここまでくるのに6年~7年かかっており努力も必要にもなりますが、将来性がないとは言えません。
また、どの位の割合で他業種へ転職する方がいるのかは統計として取られていないので正確な情報は分かりませんが、3割~4割の方は他業種へ転職されているかと思います。
なので、将来性は本人の意識と努力の仕方によって変わってくるものだと思います。

ただ、会社ごとに評価のポイントや人事制度が違うので、なかなか評価されない場合は別ブランドへの転職も視野に入れるのもいいかもしれません。
というのも、企業によっては同じ職種で働いてもらおうと考えているブランドもあり(特に外資系に多め)、企画や営業などの本社勤務は外部からの転職者で補うこともあります。
ですから、先が見えそうにないのであれば「転職サイトで求人を探す」など簡単なことから始めてみるのもおすすめです。

アパレルの転職に強い人材紹介会社

有名アウトレット店で働きたい人は必見!
アウトレットの求人に強い!ファッション業界NO1【スタッフブリッジ】

憧れのブランド・アパレル業界で働くチャンス♪

「販売員として働きたい!」「憧れのブランドのデザイナーになりたい!」
あなたの希望にマッチするお仕事が必ず見つかります!!

未経験者でも憧れの有名ブランドのアウトレットて働くことができます。
アウトレットの仕事
あなたが、お住まいのエリアにある大手のアウトレット施設の求人が多数あります。
その掲載求人の約9割が『ショップ販売』で占めており、そのほか店長エリアマネージャーやデザイナー、生産管理、営業企画などの本部/管理職の求人を取り扱っています。

ブランド数 1500件以上で日本最大
求人エリア 全国22都道府県内
項目名 ここに説明文を入力してください。
福利厚生 交通費、社員割引、社会保険、正社員登用制度、有給休暇、特別休暇・慶弔休暇(正社員・契約社員に限る)
未経験者 歓迎(高時給+交通費全額支給でスタート!)

登録は簡単!スタッフブリッジの詳細を見る