有名ブランドのレディスウェア売場の派遣社員の求人

アウトレット業界の求人 店舗や職種で選ぶ求人

レディスウエア業界へ転職を考えている人に求人情報と市場動向を紹介。レディスファッションは流行の変化も早く、企業の生き残り競争も激しく、企業の倒産や吸収合併などが続いています。安心して働く以上は、企業の力となり、思う存分に活躍できる業績と環境を持った職場へ転職したいのは誰もが同じです。なので転職に失敗しないためには、アパレル業界に詳しく、優良企業と太いパイプを持っている転職エージェントに登録するのが賢明です。

知っておこう!レディスウエア業界の状況と将来性

アパレルの中で最大のシェアを持ちファッションをリードするレディスウエアは次のように分けられます。婦人服業界(スーツ・ドレスなどの重衣料)、ボトム(スラックス、スカートなどの下衣料)、フォーマルウェア業界、イレギュラーサイズ業界と大別されます。レディスウエア業界は、卸商売、縫製企業の二重構造になっております。企画・生産・流通の主導権を握っているのは製造卸。縫製企業やニッターのほとんど卸商の下請けとして工場として、それぞれが得意とする品種を生産しています。これら含めて大多数は国内外の協力工場や受託加工工場(OEM)に生産を委託しています。

しかし、商品企画(海外のデザイナーやアパレルなどとのライセンス契約を含む)は自ら行い、生地や副資材を購入、支給するというように、メーカー的な機能の一部を持っているところが多くなりました。つまり、レディスウエア業界リードしているのは、ユニクロに代表されるように「自己のリスで商品を企画し、生産・販売できる」コンバーター企業が伸びていくし、これた新興企業の求人が多くなっている。

レディスウェアの求人情報

レディスウエア業界における課題は、若者はもちろん、三十代に入り子どもを持つ年齢に達した団塊ジュニア市場の開拓が必要だし、そこに力を入れている企業が勝ち残る。ファッションに目の肥えたこの世代にどんな「新・大人の服」を提供できるかがカギである。そのためデザイナーやパタンナーの育成や即戦力の求人も多くなっています。

一方販売員の求人では、首都圏、郊外型のショッピングセンターやファッションビル、百貨店にテナントして入店しているブランドショップやセレクトショップの求人(社員・派遣・パート)も増えている。
未経験がレディスウエアに転職するならこうした接客販売の求人が多くなります。アパレル転職に強い派遣会社では、アパレル経験豊富なコンサルタントが業界知識や接客販売などの教育にも力を入れてサポートしてくれます。結論として、転職に失敗しないためにも転職エージェントに登録したほうが賢明です。

レディスウエア業界の転職に強く、サポート教育も充実の転職エージェントはこちら

[1]クリーデンス アパレル専門の転職エージェント
クリーデンス
海外、国内ブランドのアパレルに強い転職エージェントです。
求人企業数2,300社以上、登録ユーザー数は10万人を超える業界大手です。
店舗での接客販売からバイヤー、企画開発などアパレル業界に特化した専門コンサルタントがマンツーマンで応募から面接、採用までサポートしてくれます。忙しい方には土曜日の相談もOKです。
サポート力 [star5.0]
求人職種 デザイナー、パタンナー、バイヤー、営業、販売、商社、ラグジュアリー他
雇用形態 正社員、契約社員、アルバイト
非公開求人 約80%が優良な非公開求人

詳細ページ公式ページ

[2]ファッショーネ
ファッショーネ
未経験でも気軽に利用できるのがファッショーネ!特に関東圏の求人が多く、国内から外資系まで幅広く取りそろえられています。未経験からのハイブランド転職だと、一度一般ブランドで経験を積んでハイブランドへ転職が多い流れなので、その手順も担当のキャリアコンサルタントが詳しく紹介してくれます。もちろん、デザイナー・パタンナー・MD・バイヤー・営業・生産管理・貿易事務など幅広く求人を取り揃えているので、経験者も満足いく求人を見つけやすくなっています。最初の無料登録も面倒な職歴記入がないので「とりあえず面談だけでも・・・」という方でも気軽に利用することができます。
サポート力 [star5.0]
対象エリア 首都圏限定(男女)
求人数< 400ブランド以上
雇用形態 正社員、契約社員

詳細ページ公式ページ

タイトルとURLをコピーしました