転職活動する時期とタイミング

転職活動の時期とタイミング アパレル転職の疑問

転職をしたいけど、求人情報を見ると入社日が「即日」「1ヶ月先」だと困りますよね。無事に受かったとしても働いたまま転職を行うと「すぐには辞められない」「2か月前から退職の意向を伝えておかなければいけない」ということもあって、すぐにはやめられないことも多いかと思います。

しかし、現職を辞めての転職活動は一番の悪手。
転職活動はなかなか上手く進まないことも多く、一般的には3ヶ月~1年かかると言われています(もちろん早い人は1ヶ月以内で転職しますが)。その間、仕事がないと貯金がどんどんなくなり、転職活動が上手くいかないことも合わさって、かなり精神的にきつくなってきます。
なので、転職活動は働きながら行うのがおすすめです。

面接で「すぐには退職できません」と伝えても大丈夫?

現職をすぐにやめられない場合は、面接で「すぐには退職できない」ということを伝える必要があります。
「それが理由で落とされたりするのでは?」と心配になる方もいるかもしれませんが、企業は普通少し余裕を持って求人を出すので大丈夫です。

面接では内定のお返事を頂いてから、引き継ぎや就業規則に従う必要がありますから、入社は一ヶ月後になりますでOKです。むしろそのほうが、責任感ある人間と評価されます。すぐに入社してほしいような企業は、突然人が辞めたか、離職率の高い会社なので、パスしたほうが良いです。退職してから転職活動は時間的自由はありますが、精神的、金銭的にキツイのでオススメできません。

転職エージェントを上手に活用する

自分一人で転職活動するにはさまざまな障害があることは当サイトでも紹介してきました。現職の仕事をしながら転職活動するわけですから、求人情報が少ないのは当たりまえです。自分に適した職場へ転職したいなら、やっぱりアパレル専門エージェントか、大手の転職エージェントに登録するのは常識と言っていいです。

アパレル転職の疑問
apachanをフォローする
東京のアパレル転職に強い転職エージェント
タイトルとURLをコピーしました