アパレル転職の疑問

面接で多い質問

面接で聞かれること

実際には受ける企業によって面接の形態や質問内容は変わってきますが、現役のアパレル企業の採用・人事の方に聞いてみると以下のことを聞くことが多いそうです。

  • 志望動機
  • アパレル経験の有無
  • よく読む雑誌
  • 面接を受けているブランド以外で好きなブランド
  • 面接を受けているブランドのイメージ
  • ブランドのイメージに合わせられるか

志望動機、アパレル経験の有無などの一般的な質問

どの業界でも聞かれる志望動機アパレル経験の有無は必ず聞かれるので事前に準備しておきましょう。

また、アパレル業は立ち仕事で体力が必要でもあるので「体力に自信がありますか?」ということが聞かれることもあります。
自信があると客観的にも判断できる経験を交えながら体力に自信があるということを伝えましょう。
採用・人事の方で体力を重視する方も多いですから、ここが一つのアピールポイントとなります。

アパレル経験の有無は質問されますが、必ずしも必要というわけではありません。
確かにあった方が何かと都合はいいですが、未経験の方でも仕事をしながら覚えることができますし、後述しますが採用・人事が採用ポイントはもっと他のところにあります。
あなたと同じような能力・印象の良さで「他に判断する材料がない」というときに使われると考えてください。

アパレルに関する質問

こちらはファッション・ブランドなどアパレルに関する質問です。
おそらくアパレル業界へ就職・転職される方なら自分が好きなブランドや洋服があるかと思いますので、アパレルに関する質問はなるべく自分の思った通りに答えるのがおすすめです。

また、「ブランドのイメージに合わせられるか?」という質問は、具体的に言うと「髪型やメイクをブランド側が指定したとおりにできるか?」ということです。
アパレルではお店側がシーズンごとに髪型・メイクを指定するのも珍しくありませんからね。

なので、なるべく自分の興味のあるブランドや好きな雰囲気のブランドを優先して面接を受けるのがおすすめです。

面接では第一印象が大切

採用・人事の方に面接で重視するポイントを聞くと第一印象を大切にしている方が多いです。
具体的には面接の日程調整をするときの電話やメールでの対応初めて会った時の挨拶、面接当日のファッションです。

電話やメールでの対応、挨拶はその人の印象を決定づけるものであり、接客業でもあるアパレルでは特に印象が大切になってきますから、こういった細かなところまでチェックされます。
また、一緒に働けるか?ということをイメージするための判断材料にもなるので、電話・挨拶ではハッキリと丁寧に、メールでは分かりやすさ・返信の早さに気を付けておきましょう。

面接当日のファッションは「そのブランドの雰囲気や方向性に合っているか?」ということの判断材料になります。
一つ間違えてはいけないのは、必ずしも面接を受けるブランドの服を着る必要はないということ。
あくまでもお店に立った時に違和感がないか?という判断材料ですから、わざわざ買う必要はありません。

むしろ、いつもと違う服は違和感となってすぐにバレてしまうこともあるので、いつも通りのファッションを意識して面接に臨みましょう。

有名アウトレット店で働きたい人は必見!
アウトレットの求人に強い!ファッション業界NO1【スタッフブリッジ】

憧れのブランド・アパレル業界で働くチャンス♪

「販売員として働きたい!」「憧れのブランドのデザイナーになりたい!」
あなたの希望にマッチするお仕事が必ず見つかります!!

未経験者でも憧れの有名ブランドのアウトレットて働くことができます。
アウトレットの仕事
あなたが、お住まいのエリアにある大手のアウトレット施設の求人が多数あります。
その掲載求人の約9割が『ショップ販売』で占めており、そのほか店長エリアマネージャーやデザイナー、生産管理、営業企画などの本部/管理職の求人を取り扱っています。

ブランド数 1500件以上で日本最大
求人エリア 全国22都道府県内
項目名 ここに説明文を入力してください。
福利厚生 交通費、社員割引、社会保険、正社員登用制度、有給休暇、特別休暇・慶弔休暇(正社員・契約社員に限る)
未経験者 歓迎(高時給+交通費全額支給でスタート!)

登録は簡単!スタッフブリッジの詳細を見る