アパレルに転職できる年齢は?

転職の年齢 アパレル転職の疑問

転職の限界年齢は35歳までというけれど本当なのか?アパレル業界への転職の限界年齢は?と不安をお持ちの方はこちらをご参照ください。「ずっと興味があったアパレル業界へ転職を考えているけど、年齢が20代後半がから採用されるか心配」
「アパレルに転職したいけど販売職は20代ぐらいの若い人しか見かけないし、30代以上になると辞めないといけないの?」

未経験からアパレル転職を考えると「自分の年齢で転職できるのか?」や「アパレル職としての将来性」って気になりますよね。

アパレル職に年齢制限はない!年齢に合ったブランドを選ぶのもポイント

まず、アパレル職に年齢制限はありません
ショップの店員を見てみると20代の若い方ばかり見かけるかもしれませんが、30代・40代と年齢が上がると店長から本社勤務へと異動したり、ターゲット層が30代・40代のブランドへ転職されるので、あまり見かけないだけかもしれません。

また、すでに面接を何社か受けてみたけどダメだったという場合は、年齢よりも「お店の雰囲気とあっていなかった」ということも考えられます。
アパレルで店長をしていたり人事として採用する立場にある方々の話を聞いてみると「お店のターゲットとしている年齢層よりもかけ離れていなければ特に問題ない」という意見が必ずといっていいほどでます。

ですから、これからアパレル業界に転職される方は年齢がマイナスに働くことはほとんどないと考えてください。
例え20代後半、30代、40代からでも決して遅くはありません。
フォーマル係のお店に行けば販売員でも60代ぐらいの女性がいきいきと働かれているお店もありますから、年齢がいくつでもしっかりと働くことができますよ。

具体的な転職例を出すと、35歳を過ぎてから未経験でラグジュアリーブランドへ転職された方もいますし、28歳で販売員になって数年経験を積んだ後、百貨店のミセス向けのお店へ転職された方もいます。

また、デザイナーやパタンナーのような専門職種、本社の企画・PR・営業といった分野は経験がなければなれないので、未経験からいきなり雇われることはありませんが、27歳から販売員として転職して本社勤務までキャリアアップした方もいます。
このように今はなれなくても日々の業務で経験を積めば今よりも道は大きく開けますので、まずは自分のできることからチャレンジしていくのが良いかもしれません。

アパレルの転職に強い人材紹介会社はこちら

タイトルとURLをコピーしました